TULLY'S COFFEE ROASTER LAB COFFEE BEANS タリーズコーヒー ロースターラボ青葉台店から焙煎したてのコーヒー豆をお届けします

NEW ITEMS
今月のおすすめコーヒー豆

コーヒ豆

About Coffee Beans

ロースターラボ青葉台店で焙煎した
特別なコーヒー豆

2016年に誕生したロースターラボ青葉台店は、タリーズコーヒー唯一の店内にロースター「焙煎機」を併設した店舗です。

コンセプトは「スペシャルティ」と「自家焙煎」。世界中から厳選した品質の高いシングルオリジンビーンズを専任のロースターが焙煎を施し、フレッシュな状態でお客さまにご提供いたします。

About Ingredients 素材のこだわり

Point 01 原産国について

産地のブランドやグレードなどにはこだわらず、ユニークで際立った特徴をもっているかどうか。タリーズのコーヒー豆開発担当者は、実際にカッピングを行い産地や豆を選んでいます。
世界的に高品質コーヒーの需要が増えており、年々、良質なコーヒー豆を入手する事が難しくなってきています。
タリーズでは、コーヒー豆開発担当者が生産地へ定期的に足を運び、生産者や、それを支える農協輸出業者の方々との信頼関係を強く結び、供給されるコーヒー豆の品質を保てるよう努めています。

Point 02 生産者と豆について

タリーズでは 「まだ見ぬ、小規模農協で生産された高品質のコーヒー発掘」を掲げ、コーヒー生産国と取り組む「グァテマラカッピングコンテスト」を10年以上前から開催しています。
良質なコーヒーが評価され、タリーズコーヒージャパンで商品化することで、生産者が高品質なコーヒーを生産するモチベーション向上に繋がっています。

懸命に豆作りを取り組むコーヒー生産者に応え、タリーズも生産国のためにビジネスを通して支援しています。
タリーズにとって「最高の豆」とは、生産国のコーヒー生産者をはじめ、コーヒーを飲む人を笑顔にし、元気にし、幸せにする。そんなコーヒー体験が出来る豆です。

  • コーヒ豆
  • コーヒ豆
  • コーヒ豆
  • コーヒ豆
  • コーヒ豆
  • コーヒ豆
  • コーヒ豆
  • コーヒ豆
  • コーヒ豆
  • コーヒ豆

About Roast 焙煎のこだわり

タリーズがこだわる「国内焙煎」。その様を「縮図」のように体現している店舗が、ロースターラボ青葉台店です。
焙煎とは、生豆に火を入れて、コーヒーがもつ味・香りを引き出すことです。ロースターラボ青葉台店では、専任のロースター(焙煎担当)を常駐させ、生豆の異物除去から焙煎、パッケージに包装するまで、全て手作業で行っています。
ロースターは、その日の気温・湿度・生豆の状態を見極め、豆の個性を引き出し、タリーズの味わい引き出せるよう努めています。

ロースターラボ青葉台店で焙煎している豆は、タリーズコーヒーで通常販売している豆よりも、焙煎度合いはやや浅めです。焙煎を浅めにすることによって、産地ごとに異なる、豆それぞれが持つユニークな個性を、お客さまに分かりやすく感じていただけるのです。

ロースターラボ青葉台店で焙煎しているコーヒー豆は、豆での販売はもちろん、店内でお召し上がりいただけます。他のタリーズコーヒーにはないマシンを使用し、ご注文をいただいてから一杯ずつ抽出するスタイルで楽しんでいただいております。

SPECIALTY COFFEE BEANS
特別なコーヒー豆をお届けします。

  • ロースターラボ青葉台
    ブラジル ナチュラル

    200g ¥1,296(税込)

    ブラジルはコーヒーを代表する生産国であり、「ナチュラルアラビカ」の一大生産地です。乾季には雨がほとんど降らない気候特性をいかして、パティオに収穫したコーヒーチェリーを広げ、たっぷりの太陽の陽射しでコーヒーチェリーを乾燥させます。ブラジル産のコーヒーは、控えめな酸味とほどよいコクを備え、バランスの良い味わいであることが特徴です。味に深みと甘みがあり、マイルドで飲みやすいです。

    フードペアリング このコーヒーと相性が良い食べ物をチェック!

購入する

  • ロースターラボ青葉台
    パプアニューギニア タイガド

    200g ¥1,296(税込)

    コーヒー生産国としても最後の砦と言われるように、パプアニューギニアには希少な品種が残っています。最も原種に近いといわれるティピカ種が、その一つです。 パプアニューギニアの豆は、やさしい酸味が広がるシトラスのようなフレーバーと、しっかりとしたコクがありながら、あと味がすっきりとしていることが特徴です。クセも少なく、どなたにも楽しんでいただける味わいです。

    フードペアリング このコーヒーと相性が良い食べ物をチェック!

購入する

  • ロースターラボ青葉台
    グァテマラ

    200g ¥1,501(税込)

    グアテマラは、国土の大半が火山に囲まれた山岳地帯です。寒暖差や豊富な雨量、火山灰の土壌など、コーヒーの栽培には絶好の条件がそろっています。グァテマラのコーヒー豆は、フルーツを思わせる酸味や深いボディ感と、複雑な味わいを楽しめる上品なコーヒーです。タリーズでは、グァテマラ全土の農協を対象にタリーズでは13回にわたりカッピングコンテストを行っています。タリーズにとっては、グァテマラでの素晴らしいコーヒーとの出逢いの機会として、生産者にとってもコンテストで入賞した賞金で生産設備を充実させたり、労働環境の向上のためにそれらの賞金を使っています。

    フードペアリング このコーヒーと相性が良い食べ物をチェック!

購入する

  • ロースターラボ青葉台
    バーボンオーク エイジド エチオピア

    200g ¥2,376(税込)

    バーボンオーク エイジド エチオピア

    エチオピアは、コーヒー発祥の地といわれています。標高が高く、雨量もあり、気温も温暖なためコーヒー栽培に適した環境です。タリーズでは、タデGGハイランド農園の豆を使用しています。エチオピアらしい豊かなフレーバーで、ブルーベリー、ピーチ、アプリコット、チョコレートなどの複雑な風味がお口の中でダイレクトに広がります。

    バレルエイジドについて

    生豆を約3週間から1か月間かけて、ウィスキー樽の中で熟成させます。熟成している間は、樽から生豆を少しずつ取り出し、細かく熟成度合いを確認する丁寧な作業を繰り返します。十分に熟成された生豆は樽から出だされ、いよいよ焙煎に。樽の中で熟成された生豆は、樽に残ったウィスキーや他のお酒の風味と、微かな樽の木の香りをまとい、焙煎後には芳醇で豊かな香りと風味を放ちます。

バーボンオーク 美味しい淹れ方のご提案
バーボンオークは、丁寧にハンドドリップして楽しみましょう!
コーヒーの分量

分量の目安は 「一人分=カップ一杯=150~200ccに対してコーヒー粉が10g」です。あとは好みによって+αで調整しましょう。

コーヒーの淹れ方

お湯の注ぎ方は、中央から細く、ゆっくりと縁を書くようにお湯をかけてます。全体にお湯が浸透したら30~60秒ほどそのまま蒸らします。蒸らしは大切です!
その後は、ドリッパー中央で「の」の字を書くように小さな渦を繰り返し描きながらお湯を注ぎ抽出していきましょう。ペーパードリップの豆の挽き方は、細挽き~中挽きが一般的ですが、粗めに挽いてみるのもおすすめです。嫌な渋みや苦みが出にくくなります。

淹れ方動画

購入する

~ コーヒーの美味しさを繋ぐ場所 ~
ROASTER LAB ロースターラボ青葉台店

タリーズコーヒーで初めて店内に焙煎機を併設した
<スペシャルティと自家焙煎>をコンセプトにした店舗。
店内は、木・コンクリート・レンガを基調とした
モダンテイストをイメージし、明るさと解放感溢れるお店です。

世界中から厳選したコーヒー豆に、
専属のロースター(焙煎をする人)が丁寧な手作業で、
その時の気温や湿度に応じた
最高のロースティングを施します。
生豆が持つ、本来の風味が感じられる淹れたての
コーヒーをお客さまにご提供し、
とっておきのコーヒー体験を楽しんでいただけます。

タリーズコーヒー ロースターラボ青葉台店
住所:神奈川県横浜市青葉区たちばな台1-2-2
TEL:045-960-6008 営業時間:全日8:30-21:00

このページをシェアする